ドクター

腹圧性尿失禁への対策に適切な投薬や検査を知っておこう

クラミジアを防ぐ

椅子

様々な病気が認められている性感染症ですが、その中でも猛威をふるっているのがクラミジアです。感染に気付きづらいこの病気は、新宿や全国の泌尿器科で早めの診察を受けることが望まれています。

Read More

性病の種類

看護師

埼玉や全国において、泌尿器科などで検査や治療が行なわれている性病ですが、一言で性病と表してもそこには様々な種類があります。性病の種類を知っておくことで適切な対応へと繋げましょう。

Read More

皮膚の異常

診察室

性病に感染してしまうと、様々な症状があらわれます。特にイメージされるのは性器にあらわれる症状ではないでしょうか。しかし、梅毒などの様々な性病において、症状が出るのは性器だけではありません。必要に応じて適切な検査を行なうことが求められます。

Read More

薬による治療

カウンセリング

尿失禁の一部である腹圧性尿失禁の症状としては、尿が漏れてしまうというものがあります。腹部に強い力が加わった際に尿道を絞められないということが原因で起こる症状なのです。腹部に強い力が加わるという状況は、日常生活において様々な場面で発生します。例えば、スポーツをしたり重いものを持ち上げたりするといった行為はもちろん、咳をしたり階段の上り下りでも発生してしまうのです。これでは日常生活に支障をきたしてしまうので、適切な対策が必要です。
では、腹圧性尿失禁に対する診断や治療といった対策について見ていきましょう。腹圧性尿失禁は、問診や検査によって診断を行なうことになります。
腹圧性尿失禁の対策として行なう治療は様々ありますが、投薬による治療は有効です。薬品の中には、尿道を引き締めることに効果を発揮する薬が存在します。これはβ受容体刺激薬と呼ばれており、この薬品を用いることで排尿をコントロールする力を取り戻します。また、手術による治療もあります。ひとつは尿道スリング手術というもので、尿道を吊り上げることで尿漏れの対策とするのです。また、コラーゲンを注入することで尿道の筋肉を増強するという方法もあります。また、他に取り上げられる治療法として骨盤底筋体操というものがあります。排尿のコントロールをつかさどる筋肉として、骨盤底筋というものがあります。これを鍛えることで尿漏れの防止に繋げるという治療法なのです。
腹圧性尿失禁には様々な対策が講じられています。お近くのクリニックでその内容を確認してみても良いでしょう。