皮膚の異常|腹圧性尿失禁への対策に適切な投薬や検査を知っておこう
男女

腹圧性尿失禁への対策に適切な投薬や検査を知っておこう

皮膚の異常

診察室

梅毒などの性病により、その全身に症状があらわれてしまいます。その範囲は性器だけにとどまりません。ではどの部分に症状があらわれるのでしょう。それは、皮膚です。性病により、全身の皮膚に症状があらわれるのです。その症状は、性病ごとに特徴があります。それらについてお伝えします。
まず、梅毒についてです。梅毒に感染してしまうと、感染した部位に対して小さなしこりができます。およそ1センチから2センチ程度のサイズで、感染からおよそ1か月程度でそれは出現するといわれています。感染した部位にできるため、その場所は性器にとどまらず、体の様々な部分にできる可能性があります。そして、そのしこりは次第に硬くなっていくという特徴があります。また、太ももの付け根部分に腫れができる場合もあります。次に、疥癬についてです。疥癬に発症すると、体のあらゆる箇所に細かく赤い斑点ができます。また、大きなしこりができる場合もあります。それらは痒みを伴うため、全身が痒みに襲われてしまうのです。また、発疹ができることもあるのです。
次に、ケジラミについてです。これは、陰毛や体の至るところの体毛部分に痒みがでるという症状です。これについては赤みがでるということはないため、疥癬に比べて外見上では分かりづらくなっています。最後に、性器ヘルペスについてです。これは、性器の周辺やおしりにあらわれる痒みです。それはやがて強い痛みへと発展します。痒みとともにあらわれる赤いブツブツや水泡が破れることによって起こるのです。
こういった症状は、病気が表にあらわれているということなので、早急な検査が必要です。検査の結果によってどういった症状かが分かるので、適切な治療を受けましょう。また、上記でお伝えした梅毒などの様々な性病は、初期段階時点で検査を行なうことにより、早めの治療が可能となります。早めに治療することで症状の悪化も防ぐことができ、治療費も抑えられるため極力早めの検査をしていくことが望ましいです。